EVENT

STARTUP CITY SAPPORO

  1. TOP
  2. EVENT
  3. SCSウェビナーシリーズ「With/Afterコロナ時代のスタートアップ成長戦略」

SCSウェビナーシリーズ「With/Afterコロナ時代のスタートアップ成長戦略」

SCSウェビナーシリーズ「With/Afterコロナ時代のスタートアップ成長戦略」

STARTUP CITY SAPPORO事務局では、コロナ禍においても、起業を目指す方、起業後さらなる成長を目指す方に向けてのサポートを継続すべく、オンラインでの取り組みを強化してまいります。

取り組みの一環として、ウェビナーシリーズが始動! 第1回目のテーマは「With/Afterコロナ時代のスタートアップ成長戦略」です。

本ウェビナーでは、VC、アクセラレーター、シンクタンクなど様々な立場からスタートアップを支援する方々に、コロナ禍でのスタートアップへの影響や現状をお伺いするとともに、With/Afterコロナ時代のスタートアップの成長戦略や資金調達、オープンイノベーション市場の変化などを議論し、今後の起業や事業計画に役立てていただくことを目的とします。

概要

日時 2020年5月19日(火) 18:00〜19:00
会場 オンライン配信
お申し込み頂いた方に、視聴用URLをお送りいたします
参加費 無料
申し込み こちらからお申し込みください
主催 Startup City Sapporo 実行委員会
共済 Open Network Lab HOKKAIDO/NoMaps実行委員会

スピーカー

長野 泰和 氏
株式会社KVP 代表取締役社長/パートナー

早稲田大学卒業。KLab株式会社入社後、BtoBソリューション営業を経て、社長室にて新規事業開発のグループリーダーに就任。その後、2011年12月に設立したKLab Venturesの立ち上げに携わり、取締役に就任。2012年4月に同社の代表取締役社長に就任。18社のベンチャーへの投資を実行する。2015年10月にはシードに特化したベンチャーキャピタルであるKVPを設立、同社代表取締役社長に就任。KVPから4年間で70社程度の投資実行。代表的な投資事例は、ソーシャルワイヤー(3929)、Tokopedia、CBcloud、ノイン、ソエル、BloomeeLIFE、トイサブなど。
原 大介 氏
株式会社デジタルガレージ オープンネットワークラボ推進部

2005年慶応大学卒業、公認会計士試験合格。2007年より新日本有限責任監査法人勤務。金融業や製造業等の様々な業務の監査に従事。2012年より2年間、アメリカ・シリコンバレーに出向、現地でアメリカ企業の上場を支援(3社)。2015年より、不動産ビッグデータを利用したコンサルティング会社・ゴミを原料としたケミカルリサイクルを営む会社でCFO。エクイティのみならず、デッドや助成金等の様々な資金調達手法に精通。現在までの累積調達額は90億円超。2019年11月よりデジタルガレージに参画。
【ファシリテーター】井村 圭 氏
株式会社日本総合研究所 リサーチ・コンサルティング部門 研究員

北海道音更町出身、帯広柏葉高校を経て、早稲田大学卒業。在学時は国会議員事務所、スタートアップにてインターンを経験。2007年から外資コンサルファームにてDXコンサルティングに従事。その後、2015年からイノベーションファームにて主に経済産業省、自治体(帯広市など)のスタートアップ関連事業に従事。2016年から1年間、経済産業省に出向し、地域経済分析システム(REASAS)の開発に携わる。2018年、株式会社会社日本総合研究所に入社し、NEDO(+NoMaps)、内閣府、SMBCのスタートアップ関連事業に従事。現在は主にスタートアップ、スマートシティ 、MaaS分野を専門に担当。

ご注意

・ウェビナーを視聴できるのは、事前にご登録いただいた方のみとなります
・ウェビナー内容の録画、録音、撮影についてはお断りいたします
・映像や音声が乱れる場合もございます。予めご了承ください
・終了時刻は目安となります。予定時刻が前後する可能性がございます

本イベントに関する問い合わせ

STARTUP CITY SAPPORO 事務局 藤間
お問合せフォームはこちら