EVENT

STARTUP CITY SAPPORO

  1. TOP
  2. EVENT
  3. 【大学生向け】STARTUP CITY SAPPORO ACADEMIA 〜BASIC PROGRAM開催のご案内〜

【大学生向け】STARTUP CITY SAPPORO ACADEMIA 〜BASIC PROGRAM開催のご案内〜

【大学生向け】STARTUP CITY SAPPORO ACADEMIA 〜BASIC PROGRAM開催のご案内〜

大学生向け起業プログラムの参加者を募集します!

最近、世の中の不確実性が高くなっているなか、キャリアを考えるうえで、以前より「起業」という生き方への注目度が高まってきています。けれども「そもそも起業って何?」「周りに起業している人がいないからイメージが湧かない。。」という人も多いのではないかと思います。

今回のBASIC PROGRAMは、現在起業している・考えている人に加えて、起業を考えていなくても単純に興味があるという人や、何か新しいことを始めたいと思っている人、起業家の話を聞いてみたい人、同じ志を持った仲間を見つけたい人なども広く対象とした起業のイロハを学ぶプログラムとなっています!

BASIC PROGRAMは、全4回です。起業について体系的に学びたい人には、全ての回への参加をおすすめしますが、自分の興味関心に沿って選んでいただくことも可能です!また、BASICプログラムの後にはより発展的なプログラムもご用意していますので、そちらも乞うご期待ください!

皆さまからのご応募お待ちしてます!

開催概要

日程

 第1回:9月9日(水)、第2回:9月14日(月)、第3回:9月25日(金)、第4回:9月30日(水)

時間

 各回16:00~18:00
 ※オフライン参加の方については、各回終了後交流会を実施予定です。

会場

 オンライン:Zoom
 オフライン:SAPPORO Incubation Hub DRIVE(〒060-8711 札幌市中央区大通西3-6北海道新聞社本社ビル2階)
 ※基本オンラインで配信予定ですが、希望者は先着順でオフライン参加も受け付けます。

参加費

 無料

参加条件

 大学生・大学院生・短大生・高専生・専門学校生

定員

 各回50名程度

主催  STARTUP CITY SAPPORO事務局
共催  NPO法人 北海道エンブリッジ
特別協力  DEMOLA HOKKAIDORed Bull Basement実行委員会NoMaps実行委員会
お申し込み

 こちらのページからチケットをお申し込みください。
 ※チケットは、オンライン参加とオフライン参加の2種類ございますのでご注意ください。
 ※期限は各回前日までです。

プログラムスケジュール

第1回
9月9日(水)

テーマ
「起業するとは」

前半:起業家による起業体験談(1) 株式会社ランドスキップ
代表取締役 下村 一樹 氏
後半:起業の基礎理解を深める 日本政策金融公庫 国民生活事業本部 北海道創業支援センター
上席所長代理 今野 慈彦 氏

第2回
9月14日(月)

テーマ
「スタートアップとスモールビジネスの違い」
前半:起業家による起業体験談(2) 株式会社MILE SHARE
CEO 森田 宣広 氏
後半:スタートアップとスモールビジネス

第3回
9月25日(金)

テーマ
「企業課題を解決する新規ビジネス創造」
前半:起業家による起業体験談(3) 株式会社ルシファ
代表取締役 綿谷 美佐子 氏
後半:企業課題を解決する新規事業とは DEMOLA
ファシリテーター

第4回
9月30日(水)

テーマ
「アイデアブラッシュアップ」
前半:アイデアの見つけ方

Open Network Lab HOKKAIDO事務局

 

後半:ワークショップ

※各回、内容が変更となる場合がありますことをご了承ください。

講師プロフィール

第1回 株式会社ランドスキップ
代表取締役 下村 一樹 氏

北海道大学を卒業後、アップルコンピュータに入社。コンサル会社役員を経て、ランドスキップを創業。X-Tech Innovation 2016 最優秀賞、EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー2018 北海道代表。
日本政策金融公庫 国民生活事業本部
北海道創業支援センター
上席所長代理 今野 慈彦 氏

2001年国民生活金融公庫(現:日本政策金融公庫)入庫。2014年中小企業診断士登録。全国各地の支店・創業支援部門勤務を経て、2019年より現部署。創業者を対象とした相談員やセミナー講師のほか、高校・大学・専門学校生向けの起業教育講義の経験も数多くある。
第2回 株式会社MILE SHARE
CEO 森田 宣広 氏

IRGホールディングス株式会社 取締役会長。シリアルアントレプレナー。ドコモショップ運営、デジタルハリウッドSTUDIO札幌校運営、Webシステム開発業、広告代理店業、不動産業、人材派遣業、マッチング業、EC事業など、事業は多岐にわたる。現在はエンジェル投資家としても活動を行なっている。
第3回 株式会社ルシファ
代表取締役 綿谷 美佐子 氏

約18年間病院での理学療法業務に携わり、2009年よりフリーのトレーナー活動を開始。オリンピック日本選手団スノーボードチームを始め、数々の団体をサポートする。その傍ら、2012年株式会社ルシファを立ち上げ、機能訓練特化型デイサービス、ケガ予防&リハビリアフターケア専門のフィットネス、シニア向けフィットネス倶楽部、リハビリ&入浴デイサービスなど数々の事業所を開設し、子供から高齢者までの健康サポー ト活動を行う。現在は事業を行いながら、北翔大学大学部非常勤講師、北海道リハビリテーション大学校非常勤講師、北海道科学大学客員教授も務めている。
DEMOLA ファシリテーター

DEMOLAは、DEMOLA GLOBAL社(フィンランド)が提供する産官学連携イノベーション創出プラットフォーム。世界15カ国、60以上の大学が参加している国際的な企業課題解決ネットワークであり、大学生/大学院生と企業担当者がチームとなって企業のリアルな課題解決に取り組み、ビジネスコンセプトアイデアを考えるのが特徴。日本では2018年に北海道大学が初めて導入し、運用を行っている。これまでに世界各国900以上の参加企業から提供される「課題」に学生チームが取り組み、多くのアイデアが生み出されている。 参加学生は、アイデアが評価されれば企業からライセンス料を得られる。加えて、国際的なネットワークを活かして海外企業の課題にチャレンジすることや留学にも繋がっており、活動の幅を広げている。デザインシンキングやビジネススキルの基本を学ぶのに適したプログラムであり、フィンランドでトレーニングを受けたファシリテーターがサポートを行なう。
第4回

Open Network Lab HOKKAIDO

デジタルガレージが2010年から取り組んできたアクセラレータープログラム「Open Network Lab」のノウハウやコミュニティを北海道に移植し、「北海道から世界に羽ばたくスタートアップの発掘・育成」をミッションに 2018年からスタート。
北海道・札幌を拠点とする本プログラムは、スタートアップを育成する約3ヶ月間のアクセラレータープログラムであり、活動資金やオフィススペースの提供と共に、事業のブラッシュアップを目的としたコンテンツや各分野のスペシャリストによるメンタリングを通じて事業内容をサポートしている。

 

持ち物について

オフラインで参加される場合は、ノートパソコンやタブレットなど、オンライン視聴可能な端末をご準備ください(オフライン会場はWi-Fi環境を完備しております)。

注意事項

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、オフラインで参加する方は、下記内容を必ずご確認ください。
■ご来館の際はマスクの着用をお願いします。
■ご入場時に消毒・検温を実施します。検温の結果体温が37.5℃を超える方は入館いただくことができません。
■発熱がある場合、体調がすぐれない場合は来館をお控えいただきますようお願いします。
■会場はアクリル板での仕切の設置や座席の配置など、ソーシャルディスタンスを確保するようにしています。来館される皆様におかれましても、ご協力いただきますようよろしくお願いします。

今後のプログラムについて

STARTUP CITY SAPPORO ACADEMIAでは、BASIC PROGRAMの後にも、より発展的なコースを用意しております。

創業支援プログラムであるmoctecoについてはNPO法人 北海道エンブリッジ と、DEMOLAについては今回のBASIC PROGRAM第3回にもご登壇いただくDEMOLA HOKKAIDOと連携し実施予定です。また、スタートアップについてより理解を深めたい方向けに、ADVANCE PROGRAMも実施を予定しています。各プログラムの概要については、以下のとおりです。

創業支援プログラム
mocteco

mocteco【モクテコ】は高校生・大学生が、自身の気になっている社会課題や、試してみたいアイデアを、3ヵ月でビジネスとしてお金を動かすまでをサポートする若年層創業支援プログラム。
自らの企画やアイデアをお金に換える経験を積む若者が増えることで、札幌からイノベーターが生まれる土壌作りを目指している。
これまで2年間で20組が参加し、3者4名が創業、参加学生の6割が売上を上げている。

プログラムの詳細はこちらから

企業課題解決プログラム
DEMOLA

DEMOLAは、DEMOLA GLOBAL社(フィンランド)が提供する産官学連携イノベーション創出プラットフォーム。世界15カ国、60以上の大学が参加している国際的な企業課題解決ネットワークであり、大学生/大学院生と企業担当者がチームとなって企業のリアルな課題解決に取り組み、ビジネスコンセプトアイデアを考えるのが特徴。日本では2018年に北海道大学が初めて導入し、運用を行っている。これまでに世界各国900以上の参加企業から提供される「課題」に学生チームが取り組み、多くのアイデアが生み出されている。 参加学生は、アイデアが評価されれば企業からライセンス料を得られる。加えて、国際的なネットワークを活かして海外企業の課題にチャレンジすることや留学にも繋がっており、活動の幅を広げている。デザインシンキングやビジネススキルの基本を学ぶのに適したプログラムであり、フィンランドでトレーニングを受けたファシリテーターがサポートを行なう。

プログラムの詳細はこちらから

スタートアップ特化プログラム
STARTUP CITY SAPPORO ACADEMIA ADVANCE PROGRAM

スタートアップ型の起業により特化したプログラム。スタートアップに関する経営基礎知識や事業アイデアのブラッシュアップ、ユーザーヒアリング、資金調達、マーケット分析及びプレゼン手法などを学び、実際にアイデアを形にしていく時に直面する課題を想定した実践的なカリキュラムを実施予定。

まずはBASIC PROGRAMを受講いただき、自分のやりたいことに応じて興味のあるプログラムに進んでいただければと思います。これらのプログラムについても乞うご期待ください!

お問い合わせ

STARTUP CITY SAPPORO 事務局
お問い合わせフォームはこちら