お問い合わせ

【J-Startup HOKKAIDO インタビュー】AIQ株式会社

経済産業省北海道経済産業局とSTARTUP CITY SAPPOROが共同で取り組んでいる、J-Startup HOKKAIDO。北海道発でグローバルな活躍を目指すスタートアップ企業を選定し、支援をすることで、スタートアップの飛躍的な成長を後押しするプロジェクトです。
そのJ-Startup HOKKAIDOに選定された、25社(2021年6月時点)に及ぶ企業をご紹介いたします。

今回は、AIQ(アイキュー)株式会社代表取締役 高松 睦(たかまつ あつし)さんにお話を伺いました!

AIQ株式会社
代表取締役 高松 睦

1976年生まれ、北海道浦河町出身。北海道大学工学部を卒業後、大手テレビゲーム会社のゲーム開発などを経て、JNSホールディングス(旧ネオス)では開発責任者として、主に大手通信キャリア向けのWebサービスやスマホアプリをはじめとした新規技術開発に従事。
2017年にAIQを創業し代表取締役に就任。 AIを始めとする最先端技術を利用したサービスの開発を行っている。

ーーどんな会社で、どんなサービスや商品を提供(開発)していますか?

AI(人工知能)を活用としたSNSマーケティングサービスを提供しています。
特に弊社が得意としているのが、ECでの購買に最も繋がりやすく、SNS集客メディアとして注目を集めているInstagramです。
SNSではインフルエンサーという広告とはまた違ったプロモーション活動が活発に行われていて、Instagramで画像や動画でコンテンツを組み合わせるスタイルがECと非常に親和性が高いと言われています。
そんなInstagramマーケティングをテクノロジーで支援する、AI運用ナビゲーションツール『moribus』と、インフルエンサーマーケティングに最適なユーザーをAIで見つけ出す『MATCH ENER』を開発・提供しています。

運用ナビゲーションツール『moribus』は、Instagramアカウントを成長させるためのツールとして開発され、これまで培った運用実績2,000超の運用実績データを基に、AIが自動で課題を見つけ、自動で打ち手を提案。
勝ちパターンに沿って誰でも簡単に Instagramの運用を行えるサービスです。

最適なインフルエンサーを見つけ出す『MATCH ENCER』は、一般ユーザーのアカウントとそのフォロワーの情報をAIが分析/可視化することで、各企業様がPRしたい商品やサービスに最適なユーザーをインフルエンサーとして選定できることが強みです。
今までのi選定方法がフォロワー人数といった影響力だけだったのに対し、PR商品とインフルエンサーの親和性もデータとして加えることで、『リーチを保証する』という大胆な提供方法が可能になりました。

ーーなぜそのサービスや商品を提供(開発)したのでしょうか?理由をお聞かせください。

最近、何かを購入しようとした時、InstagramやTwitterで商品を検索し、自分に合ったものを探すのが当たり前の行動になっています。
当然、多くの企業様もそこに目をつけていて、SNS上でお客様との新たなタッチポイントを作ろうと試みていますが、そこには様々な課題があります。
そういった課題をテクノロジーで解決できないかと考えたのが開発のきっかけです。

実はInstagramにもGoogleやYahoo!いった検索エンジンと同様に上位表示という概念がありますが、そのロジックは未公開です。また、自身のアカウントやフォロワーについても属性情報など「もうちょっと詳しく知りたい」データが公開されていません。ロジックが非公開ということは経験と勘から手探りで運用する必要があり、Instagramマーケティングを行ううえで大きなハードルになっていました。
このハードルに対して、画像解析、言語解析、機械学習とさまざまな処理をAIが行うことが詳しく知りたいデータを見える化し、見える化されたデータを上手に使える機能が必要になります。
AIという最新テクノロジーを屈指し、インフルエンサーマーケティングやInstagramアカウント運用で誰でも効果が出るサービスを提供することで、新しい価値を提供できると考えました。

▲投稿からAIがさまざまな観点から解析、ユーザー属性情報をプロファイリング

▲フォロワーをAIが解析し、属性情報をプロファイリング

ーー提供(開発)しているサービスや商品のアピールポイントを教えてください。また、そこに至るまでの苦労などありましたら併せて教えてください。

『moribus』、『MATCH ENCER』の両サービスの軸になっているのは『プロファイリングAI』です。

このプロファイリングAIは弊社の特許技術であり、あらゆるSNSの公開情報にアクセスし、投稿画像やテキスト、動画などをAIが複合的に解析します。
もちろんこのAIは一朝一夕で作れるものではなく、さまざまなSNSから膨大なデータを解析する必要があるので、解析ロジックや学習モデルを開発するのに大変苦労しました。
現状のデジタルマーケティングでは、ユーザーのデモグラ情報を基にセグメントを切ることが一般的ですが、さらに細かいユーザー情報を基にセグメントを切ることで、効率よくタッチポイントを持つことのメリットが大変大きいです。

そのメリットを最大限生かしながら、さらに効果的にマーケティング支援を行うための機能を次々にリリースしていく予定です。

ーー今後の会社の展望や、ビジョンを教えてください。

今後の展望としては、当社に日々蓄積されているデータを活用したビジネスを広げていきたいです。
Instagramの運用支援や、インフルエンサーマーケティング支援などの中で蓄積されている『買う人』『売れる人』のデータを活用し、『売りたい人』とそれらを上手くマッチング出来るようなプラットフォームを作れたらと考えています。


また、企業ビジョンを「Discover a New Me」と掲げ、「自分らしく生きる」を当たり前にする社会を創り上げていきたいと考えています。
情報に溢れ、やりたいことや潜在的なその人本人が持つ価値や能力などの”本当の自分”にまだ気づけていない人が多いと感じています。一方で、そんな”本当の自分”に気づき自分自身の意思で力強い一歩を踏み出すことで、学びや、経験、成長につながります。
この”本当の自分”への気づきを、テクノロジーによって発見し、やりたいことに思いっきり夢中になる「自分らしく生きる」社会を目指していきたいと思います。

ーーお知らせしたいことなどあれば(登壇イベントや採用など何でも構いません)

AIQでは、我々と共にこれまでにないヒト・モノ・コトの新しい出会いの創出を目指す人材を募集しています。  
当社が保有するプロファイリングAIを用いた新規事業の開発に興味のある方、特に札幌ではエンジニアの積極採用を行っておりますので、我こそはという方はぜひご応募ください。
また、我々と共にSNSの分析データを利用した新たな購買体験の創出にご興味のある企業様、当社のビジョンに共感していただける皆様、是非是非お声がけください。

コーポレートサイト:https://aiqlab.com/

採用サイト:https://aiqlab.com/career/

お問い合わせ先:info@aiqlab.com 

ライター:SCS事務局

岡山ひろみ

札幌出身、大樹町在住の猫を愛するWEBライター。