JP EN
お問い合わせ
お問い合わせ
JP EN

「Local Innovation Challenge HOKKAIDO 2021」採択プロジェクト決定!

自治体×スタートアップの実証実験プロジェクト4件を採択!

札幌・北海道でのスタートアップムーブメントの創出を図るSTARTUP CITY SAPPOROプロジェクトでは、さっぽろ連携中枢都市圏内の12市町村と連携し、圏内の地域、行政課題を国内外のスタートアップとの協働により解決を目指す、行政オープンイノベーションプロジェクト「Local Innovation Challenge HOKKAIDO」を2020年より展開しています。
2回目の実施となる2021年度は、12市町村の共通テーマ「交流人口・関係人口の創出」をはじめ、全14カテゴリでのアイデアを募集し、応募の中から4件のプロジェクトを採択いたしました。採択プロジェクトについては、今後自治体・事務局と連携し、実証実験を進めて参ります。

■採択プロジェクト一覧

採択社

株式会社 FORH BODY PERFORMANCE(本社/北海道札幌市)

対象課題

交流人口・関係人口の創出

実証自治体

さっぽろ連携中枢都市圏内12市町村

実証実験内容

(株)FORH BODY PERFORMANCEが提供するプラットフォーム「BUKATSU」 上において、指導者が不足している部活、外部指導者を受け入れたい部活と 部活動の指導をしたい地域のスポーツ指導者をマッチングし、部活動の地域移行の先進モデルの確立を目指す。

採択社

株式会社 あしたの寺子屋(本社/北海道札幌市)

対象課題

交流人口・関係人口の創出

実証自治体

南幌町

実証実験内容

ICTとコーチングを活用した新しい教育プラットフォームの確立を目指す「あしたの寺子屋」と子どもの教育施策の充実化を目指す南幌町が協働し、キャリア教育や探求学習プログラムを含む「次世代型」の教育プログラム「あしてらキャンプ」を南幌町で実施。地域の人材育成につなげる。

採択社

株式会社 Smart119(本社/千葉県千葉市)

対象課題

火災の予防、救急要請につながる事故の予防

実証自治体

札幌市

実証実験内容

AI・音声認識を活用して、救急指令センター、救急隊、病院間のリアルタイム情報共有を可能にする、救急医療支援システム「Smart119」を札幌市消防局に試験導入し、救急搬送業務の効率化、最適化、質の向上に結びつくかを検証する。

採択社

株式会社 SKIDAY(本社/東京都千代田区)

対象課題

情報発信のスマート化

実証自治体

札幌市

実証実験内容

スキーヤーおよびスノーボーダー向けのソリューションを開発するSKIDAYとスノーリゾートとしてのブランド化を目指す札幌市が協働し、新しい形のスキー場の情報発信施策の開発を目指す。また、市内の観光事業者とも連携し、街全体でのスノーリゾートシティのブランド力向上に結びつける施策の開発にも取り組む。

お問い合わせ先

STARTUP CITY SAPPORO 事務局
お問い合わせフォームはこちら