お知らせ

2021/09/15

9月24日(金) 18時よりオンライン事業説明会開催!

事務局では、Local Innovation Challenge HOKKAIDO (通称:LICH) の詳細や、皆様からのご質問にお答えする事業説明会を複数回開催予定です。
初回は、9月24日(金) 18時より オンラインで開催します。LICHについて、理解を深めたい方、応募をご検討中の方はお気軽にご参加ください。参加お申し込みはこちら

About

さっぽろ連携中枢都市圏内12市町村と
スタートアップの協働により

地域・行政課題の解決を目指す国内最大級の
行政オープンイノベーションプロジェクト

スタートアップとの協働により、新たなサービス・価値の創出を図るオープンイノベーション。近年では、行政や地域の課題をスタートアップと協力しながら解決に結びつける「行政オープンイノベーション」の取組みも増加しつつあります。

札幌・北海道からスタートアップムーブメントの創出を図るSTARTUP CITY SAPPOROプロジェクトでは、さっぽろ連携中枢都市圏内の12自治体と連携し、圏内の地域・行政課題を国内外のスタートアップと協働で、解決を目指す国内最大級の行政オープンイノベーションプロジェクト「Local Innovation Challenge HOKKAIDO」を2020年にスタートしました。

2年目の取り組みとなる本年は、「新しい観光サービスの開発」や「地場産品の販路拡大」など新型コロナウイルスの感染拡大の影響を大きく受けている分野から、「交流人口・関係人口の創出」、「スマート農業」、「行政DXの推進」など計14のテーマに対するアイデアを募集します。

スタートアップとともに、新たな価値の創造を目指す札幌・北海道で、さらなる事業成長を目指しませんか?

※ より魅力的なまちづくりを目指して、札幌市、小樽市、岩見沢市、江別市、千歳市、恵庭市、北広島市、石狩市、当別町、新篠津村、南幌町、長沼町の12市町村によって2019年に形成されました。詳しくは こちら をご覧ください。

Our Support

イノベーションを総力でバックアップ

プロジェクト支援金

プロジェクトに採択され、実証実験(PoC)を実施する場合は、1件あたり上限50万円までのプロジェクト支援金を提供します。

関係各所の調整
メディア露出

さっぽろ連携中枢都市圏のネットワークをフル活用し、スタートアップの事業成長につながるマッチングの機会を提供します。また、積極的な情報発信により、メディア露出の機会も提供します。

ハンズオンでの
実施フォロー

自治体とのマッチングや実証実験の構築支援まで。経験豊富な事務局メンバーが担当制でサポートします。フルオンラインでのご参加も可能です。

Flow

プロジェクトフロー

  • 9.8
    エントリー開始
    共通テーマもしくは、各自治体ごとの課題をご確認いただき、解決策をご提示ください。
    ※応募には、オープンイノベーションプラットフォーム「Throttle」へのユーザー登録が必要です
  • 複数回
    開催
    オンライン説明会(応募期間内に複数回開催)
    事務局による事業概要の説明や質問にお答えするスタートアップ向けのオンライン説明を開催します。
  • 9.30 &
    10.22
    応募締切
    【第1期】2021年9月30日(木) 23:59
    【第2期】2021年10月22日(金) 23:59
    ※ 各期の締め切り後、書類審査を実施します。
    ※ 第1期での応募が多数の場合は、第2期募集を行わない場合があります。
    ※ 第1期、第2期で募集のテーマを変更する場合があります。
  • 2021.
    10~12
    面談審査・事務局とのマッチング(2021年10月〜12月予定)
    書類審査を通過された方には面談審査を実施します。
    また、並行して自治体とのマッチングも実施します。
  • ~2021.12
    採択プロジェクトの決定(2021年内予定)
    面談内容、自治体とのマッチング結果などを総合的に審査し、実証実験(PoC) を実施するプロジェクトを決定します。
  • 2022.1~
    実証実験の実施(2022年1月以降)
    採択決定後、スタートアップ、自治体、事務局の協働による実証実験を実施します。
    実験の終了後は、成果をとりまとめ次年度以降のサービス導入や実験の継続などについて確認します。

Theme

2021年度は、下記の課題をテーマとして
スタートアップとの協働を募集いたします。

共通テーマ

Common Theme
さっぽろ連携中枢都市圏全体の課題
  • 交流人口・関係人口の創出
  • +
    ・関係人口を増大させるオンライン施策
    ・体験型観光、インターン、おためし移住等の「新しい人の流れ」をつくる施策など

札幌市

City of Sapporo
Image Description
重点課題
  • 行政DXの推進
  • +
    政策決定に市民の声を反映させる方法、プロジェクト管理、ナレッジ共有のスマート化 など
  • 市有スペースの有効活用、にぎわいづくり
  • +
    スペース情報発信、予約のスマート化 など
  • 火災の予防、救急要請につながる事故の予防
  • 情報発信のスマート化
  • +
    WEB、SNS発信効果の見える化、効果的な情報発信施策 など

小樽市

Otaru City
Image Description
重点課題
  • 事業承継の推進
  • +
    事業承継の啓蒙、マッチングのスマート化 など

岩見沢市

City of Iwamizawa
Image Description

江別市

Ebetsu City
Image Description

千歳市

City of Chitose
Image Description
重点課題
  • 市有スペースの有効活用、にぎわいづくり
  • +
    グリーンベルト周辺エリアのにぎわいづくり など

恵庭市

Eniwa City
Image Description
重点課題
  • マイクロツーリズムの推進 / 新しい観光サービスの創出
  • 多文化共生 / 外国人居住者への支援

北広島市

Kitahiroshima City
Image Description
重点課題
  • 情報発信のスマート化
  • +
    デジタルが苦手な人でも必要な情報にアクセスしやすい、AI・音声を活用した情報発信・コミュニケーション手段 など
  • 行政DXの推進
  • +
    災害時の住家被害認定のDX化、罹災証明書発行作業のDX化 など

石狩市

Ishikari City
Image Description
重点課題
  • 地場産品のPR、販路拡大

当別町

Tobetsu Town
Image Description
重点課題
  • ドローンを活用した産業創出
  • スマート農業

新篠津村

Shinshinotsu Village
Image Description
重点課題
  • 地場産品のPR、販路拡大
  • スマート農業
  • 子育て支援

南幌町

Nanporo Town
Image Description
重点課題
  • MaaSの推進
  • +
    オンデマンド交通の広域化 など
  • スマート農業

長沼町

Naganuma Town
Image Description
重点課題
  • 地場産品のPR、販路拡大
  • 温泉源泉の水溶性天然ガスの活用

Outline

概要

募集テーマ
  • さっぽろ連携中枢都市圏内の自治体が有する地域課題や行政課題
    ※21年度は上記14カテゴリで募集します

参加資格
  • 先進的な技術やアイデアを有し、地域や行政課題の解決策を持つスタートアップ企業
  • 地域や行政と協働し、新規事業の創出を目指すスタートアップ法人または個人(チームでの参加も可能です)

支援内容
  • 実証実験(PoC)の実施ににかかる支援金の提供(プロジェクト1件あたり50万円(税込)上限)
  • 実証実験(PoC)の実施に必要な関係各所との調整、フィールドの調整
  • メディア露出等の広報PR

採択件数
  • 事務局、自治体との面談審査の上、3、4件をプロジェクトとして採択予定です

選考方法
  • WEBでのエントリー後、書類審査を実施します
  • 書類審査を通過した方のみ、事務局、対象自治体との面談を実施します
    ※原則、オンラインでの面談となります

選考基準
  • 提案された内容について、以下の観点で審査を行います
    ①社会性(社会課題、地域課題の解決に資するか)
    ②先進性(先進的な技術やアイデアを活用しているか、類似サービスなどと比較して新規性、独自性があるか)
    ③実現可能性(提案内容の実現が可能か、チーム体制、KPI、効果の設定は適切か)
    ④市場性(アプローチするマーケットにニーズはあるか。他の自治体などへの横展開が可能なビジネスモデルか)
    ⑤提案の独自性(課題への理解度、自治体職員と協働しながらプロジェクトを進める熱意があるか)

FAQ

よくある質問

+
個人、チーム単位での応募も可能です。
+
国内外問わず、どなたでもご応募が可能です。ただし、日本語でのコミュニケーションがメインとなります。
+
複数テーマへの応募が可能です。ただし、面談審査に進まれた場合には、1回の面談で複数のテーマへの応募内容をご説明いただく場合がございます。
+
可能です。
+
制限はありません。募集テーマに沿ったご提案をお持ちであればステージに関係なくご応募をお待ちしております。
+
在住の必要はありません。
また、プログラムはフルオンラインでの実施を予定しております。ただし、プロジェクト採択後の実証実験(PoC)の実施において、現地での打ち合わせ、立ち合い等が必要な場合は、現地にお越しいただく場合がございます。

ご応募はこちらのボタンから。

※応募には、オープンイノベーションプラットフォーム
「Throttle」へのユーザー登録が必要です

エントリー受付中です
PUSH!Apply Now