Local Innovation Challenge HOKKAIDO 2020

SUMMARY

2020年度の取組結果

スタートアップと道内12自治体が協働する
日本最大級の行政オープンイノベーションプロジェクト!

初年度となる2020年度は、さっぽろ連携中枢都市圏内の12市町村から、14の課題カテゴリが提示され、国内外のスタートアップから59件の応募がありました。

その後、書類審査を実施し、通過した31件のアイデアと自治体とのマッチングを実施。結果、3件の実証事業が採択されました。

応募の傾向としては、「マイクロツーリズム/ニューノーマル時代の新しい観光サービス」への応募が最も多く、コロナ禍で大きな打撃を受けている観光分野の力になりたいとの声が多数寄せられました。

DATA

参加自治体

12市町村

募集課題

14カテゴリ

応募件数

59

マッチング

31

採択プロジェクト

3

募集課題

共通テーマ

Common Theme
さっぽろ連携中枢都市圏全体の課題
  • マイクロツーリズム / ニューノーマル時代の新しい観光サービス
  • 交通空白地帯の課題解決
  • 行政DXの促進

個別テーマ

City Theme
さっぽろ連携中枢都市圏内12市町村個別の課題
  • 移住の促進
  • 空き家、空き店舗の活用
  • 健康づくりの促進
  • 商店街活性化/キャッシュレス促進
  • 移住の促進
  • 子育て支援
  • 外国人居住者の支援
  • 地域防災
  • 農水産物の販路拡大
  • ドローンを活用したビジネス
  • 医療難民

採択プロジェクト

支笏湖(しこつこ)ライブ配信プロジェクト

対象課題

マイクロツーリズム/ニューノーマル時代の新しい観光サービス

実証実験内容

千歳市と協働し、LandSkipが提供する高画質ライブカメラ「LandSkip Cam」を同市の観光景勝地「支笏湖」に設置。その風景を同社のデジタル窓「Window Air」にてライブ配信します。従来のライブカメラとは異なり、見た人を感動させるクオリティでの風景配信を実現し、「Window LIVE」としての事業展開を目指します。

また、自治体においては、コロナ禍での人の移動が制限される状況下においても、観光地の魅力を発信することが可能となり、観光PRへの効果が期待できます。

さっぽろ圏、巡って買って応援キャンペーン

対象課題

マイクロツーリズム/ニューノーマル時代の新しい観光サービス

実証実験内容

コロナ禍での人の移動が制限される状況下での観光施策として、WEDが展開するレシート買取アプリ「ONE」と札幌連携中枢都市圏内12市町村が協働し、マイクロツーリズムモデルの確立、圏内での消費喚起を目的とする 「さっぽろ圏、巡って買って応援キャンペーン」を実施。

新型コロナウイルスの感染拡大により大きな打撃を受けている圏内の事業者への支援につなげると同時に、スタートアップのサービス、事業の成長を支援します。

衛星リモセン技術による土壌分析プロジェクト

対象課題

スマート農業

実証実験内容

新篠津村、JA新しのつと協働し、リモートセンシング技術による土壌分析ソリューションの検証を実施。

圃場(ほじょう)全体の土壌のバラツキを細かく把握できず、土づくりへの活用が難しいといった課題に対し、リモートセンシング 技術による圃場全体の土壌分析を可能にするソリューションを開発し、課題の解決につなげると同時に土壌分析の省力化、生産性の向上もはかります。